スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽い発達障害みたいだなお前なっていう話

2016.12.16 20:05|日記
知見を得る
―体験を通して知識や見識などを得ることを意味する表現。

見識
―物事について鋭い判断をもち、それに基づいて立てた、すぐれた考え・意見。
―「―がある」「―が高い」(気ぐらいが高い意にも)。

面白い発見をした。
はてブロとかの匿名ブログとかチラシの裏とかに書かれそうな内容。
わかりやすく言えば「皆すげえ!」って話。
基本的に人が見ると、特にぼくを知っている人が見たら気持ち悪く感じるお話かもしれない。

師走じゃん、12月じゃん。
つまり年末年始じゃん。
前々からずっとこう、もやもやしてる「飲み会」という行事。
あの行事についていけない。

ずーっと頭の中で考えてて、すげえモヤッとボールな感情ができてきてるので、そろそろ放出すべきと判断。
年末ってこともあるのか、ぼくの周囲で飲み会ラッシュみたいな流れができてるのを感じる。
これは個人の感覚だから「んなことないでしょ」っていうのもあるかもしれないけど、少なくともぼくは感じる。
それで、そこに上手く入り込むことができないのはなぜなのか、こうなんだろう、心が?
とりあえず列挙してみる。

理由その1 お金がない

一番わかりやすい理由。
バイトもしてない大学生だから金を使いたくない。
もっと酷い言い方をすると、他人に合わせるために金を使いたくない。

これは昔から自分の中で理解してることだけど、正直自分以外のために金を使う気になれない。
まぁこれは飲み会に限らず他人と遊んだりすることにも当てはまることだったりする。
正直ぼくの中では柔らかい言い方をしてるほうで、大抵「俺のために使う金だから使う気はない」って思ってる。
すごい、こう書くとクズさに磨きが掛かるな。

よっぽど親しい仲であるなら話は別だけど、そんなん数えるのに片手で済むぐらいだったりする。
実はそんな仲であっても上記のことを考えたりする、つーかそういう相手なら素直にそう言う。
「ムリムリ、今は俺のための金しかないからムリ」とか言ったりする。

理由その1の時点で協調性皆無なことがわかる。

理由その2 ノリについていけない

これが今日新たに判明した、いわゆる「New!」なこと。
ぼくは周囲についていけないタイプであるらしい。

今までなんだかんだ「ウェイ系」を馬鹿にしながらもワイワイやってたつもりだった。
しかしそれって、案外そうじゃないようである。
いや、楽しいんだけど、その楽しさの一定以上についていけないっていうかなんていうか。
金の絡み関係なしに、色々とわからない部分が判明してる気がする。

すごい些細なことで行くと週に何回も一緒に同じメンバーで遊ぶだとかそういうの。
多分、エネルギーが違う、まるで違う。
消費量は一緒のはずなんだけど、ぼくはその総量が尋常じゃないぐらい少ない。
顔を合わせて話すだけで楽しめる燃費の良さ?
むしろ燃費が悪いんだろう、皆すごすぎる。

それが原因で周囲のエネルギー消費についていけない状況が生まれているような気がする。
理由その1である金を使いたくない、使う気になれないってのとこれが合わさって最強に見える感じ?
どうなってんだろうね。

理由その3 自分の中に変な定義がある

これこれ、これ。
自分の中では軽い発達障害みたいなもんだと思う。
でも我慢できるものなので、そう定義することはできない程度のこと?

例えば昨日、飲み会に参加しなかった。
それで「俺らで金を出し合うから来い!」っていうのがあった。
それがムリでした。

ぼくは基本的に、友人に奢られるっていう状況があまり好きではない。
なぜかと言えば、そいつらに貸しを作ったという感覚に陥るから。
中学の頃からの付き合いとかの一部の長い人らは別で、むしろ奢ろ?ね?ってなるけど、それはまた別の話。

多分この辺を言語化すると、自分の中に貸し借り天秤があって、それが理由で気持ち悪さが発生している。
昨日の状況なんかがそうで、こっちは相手に何かしてあげられる立場ではないのに、その逆が成立することになる。
これって要は、ぼくが彼らに一方的に色々と借りを作った形になる。
ぼくって基本的に、人の役に立つようなことをしていない。
頭の中ではなくもっと深い部分でそういうのが根付いてて、それなのに借りを作るっていうのが本当にダメ。
そんなことになったら多分、今後何も楽しめなくなりそう。
過去に奢られたっていう例が結構あるんだけど、ああいうのは本当に申し訳なく思ってて死にそうになる。

まぁこれ結構矛盾した部分もあって、その矛盾があることにすら気持ち悪さを感じてる。
一言で言えば圧倒的劣等感?
勝ってる部分を探そうとしても色々と劣ってる部分が見つかるよねっていう。
多分さっき書いた天秤が相手側に傾くと、その劣ってる部分が理解できてしまって気持ち悪いんだろうね、うん。

で、これ、これなんだよこれ。
これさ、自閉症一歩手前じゃない?
散々「アスペ~アスペ~」って他人を馬鹿にしてきたぼくだけど、その実ぼく自身がアスペだったりするわけで。
これはネタではなく、わりと真剣に自身がアスペかもしれないって思ってきてる。

ただ、まだ大丈夫だなって思えるのは、流石に限界的な部分で社交性を保ててること?
必要最低限は判断できてるから、多分周囲との摩擦はあまりないと思う。
それでも、もしかしたら周囲から(悪い意味で)変な目線を送られてるかもしれないけど、
あ、それは自分友人間の中で。


とまぁそんなのが今日ピーンときた。
最近本当に自覚症状ありのヤバい部分を感じてるから、ここらで一度文章化してみようと思った。
このブログ、案外友人が見てたりするんだけど、見られてもあまり感情に起伏が起きたりはしない。
実はこんな人間なんですよっていう変なアピールになって面白いんじゃない。

モヤモヤしたものが長続きしてるのは、まー就活終わって来年の4月までは暇なことも理由なのかもね。
ぼくって意外と働き者なようで、今こうして何もしていない状況に不安を感じたりしている。
だからって早く4月来いって思ってるわけもなく、にっちもさっちもいってない。

つーかよくよく考えてみると、今回に限らずこれまでもこういうことはあったりする。
ただ、今回の場合は社交性が求められる部分が大きかったからなんだろうねぇ。
それに加えて嫌な要素が積み重なってしまった?
いやむしろさっき書いた「変な定義、天秤」が悪い方向に向かってしまった?
どっちにせよ、他人の好意を反故にしていることは確かだったり。

ココらへんまで読む人なんていないだろうから書くけど、昨日は普通に逃げました、はい。
理由その2で書いたことが原因だけど、最高にお断りしたいことだったのでマジで早足で逃げました。
飲み会から逃げたのではなく、本気で自身の金のなさから来る惨めさと天秤の傾き具合だろうね。
平気で「プライドなんて捨てておけ!」とか言っちゃうぼくだけど、こういうよくわからんプライドはあるの不思議だね。

というわけで気持ち悪さを言語化してみました。
改めて読んでみると、ぼくに社交性がないだけなのが面白い部分じゃない?
身につける気もないんだけどね、そんなの頑張ったら鬱になってしまうし。
とりあえずPSO2でもしよう。

それでは今日はここらでサヨウナラー

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
2014/11/28 感想欄にボドゲ追加

感想置き場

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。