スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「~みたい」

2016.05.29 20:57|日記
前にTwitterで「~みたいな作品」は褒め言葉じゃないというイラストがありました。
本人にとっては褒めているつもりでも、作者にとってはパクリと言われてるみたいだと。
そういう言い方は大抵の場合、「比較対象>作者の作品」となるので嫌な人もいるんでしょうね。

かくいう自分も、よくVOCALOIDで「~みたいだなぁ!」とか思ったり呟いたりします。
もちろん貶す意味合いは持たせてませんよ、良いと思った作品に対してそういう評価を下してるわけですし。
ただ、たまに「これモロに…」っていうことで呟くこともありますが。

件のイラストを見てから暫く経ったわけですが、今日なんとなく閃くものがありました。
ピキーンと、こうマンガ表現のように(「~みたいに」)。

自分の場合、教養の無さが現れた結果かもしれません。
例えば、音楽の場合は評価するためにジャンルが存在しています。
ロックとか、ポップとか、EDMだとか。
それを知った上で、「この曲は~っていうジャンルで、これこれこういうところが良い!」とか言うわけでしょう。

そこで、自分はジャンルをあまり知らないわけですよ。
なので同じような曲調をした歌手やらボカロPやらを連想して「~みたいだ」と言うわけです。
例を挙げれば「スガシカオの曲みたいだぁ」とか。
なんてジャンル名なのか知らないし、そもそも知ってるジャンルに当てはまるのかわからないし。

ということを今日は考えてました。
言い訳みてえだな!とか書いてて思いましたが、実際こうだから仕方がない。
でもこれ8割ほどだったりするんですよね。
残りの2割は最初に書いた「褒めてるつもりの~みたい」っていうことになりますね。

なんだかんだ言っても、どっちにしろ、作者・作曲者にとっては嫌な言い方ってことだ!
そんなん気にしない人もいるって考えで行こう。

それでは今日はここらでサヨウナラー

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
2014/11/28 感想欄にボドゲ追加

感想置き場

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。