スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音ゲー的なお話

2015.06.03 20:59|ゲーム話
またCytusやらDeemoを再開して思い出しましたが、展開が激しくなってきてるんですよね。
vita版の登場と思いきや、まさかのアーケード化とか。
今年のJAESPOだったかでそんな情報が出ていた気がします。

はて、実際の話、ソーシャルでもそうでなくても、スマホでやる音ゲーのアケ化はどうなのか?

まず最初に、利点ですよね、アーケードにする上での。
当然そうなると出てくるのが、ディスプレイかなと自分は思います。
Cytusに限らず数ある音ゲー、どれにおいても時間の経過と共に難易度が上昇します。
すると、難易度と画面の大きさがマッチしないなんて譜面も。
特にCytusなんて、4つ押しとかiPhoneでやるのはかなり難しいです、自分は。
iPadとかでやるならやりやすいと思うんですけどね。

問題点として、金を払えば解禁という制度を、アーケードに落としこむとどうなるかということ。
iPhoneでの音ゲーはCytusとかが出る前からありました。
特に、KONAMIのBEMANIシリーズが挙げられるかと。
そういうのって、元はアケだったものを、一定額払うことで解禁するという制度にしてiPhoneで出したんですよね。
アレは成功だと思うんですよ、一度解禁すればそれ以上金をかけずにできますし。
しかし、Cytusの場合は元々は幾らでも出来たものが、1クレ料金になってしまうんですよね。
そこら辺、なんというか工夫しないと客が寄らないんじゃないかなーとか思ってしまいます。

それでも何の疑問もなくプレイするのが音ゲーマーの側面であったりするんですか。
つーかそこら辺は音ゲーマーだけでなく様々な人に言えること?

Cytusだけでなく、確かクロスビーツもアケ化が進んでいた気がします。
あっちは元々無料のゲームですよね、課金制のやつ。
自分は結局画面が小さくて無理があったのでやめましたが。

うーん、こう考えると、自分みたいな「画面小せえ!無理!」っていうプレイヤーには良いことなのかも。
アケに進出ってことは先にも書きましたがディスプレイが「ゲームに合った」サイズになりますからね。
わざわざiPadとかを買わなくても問題ないわけですよ。

なんというか、最初は勢いあっても後で失速しそうな雰囲気はあります。
だって手元にあれば満足するだけプレイできるわけですから。
画面云々な問題はありますが、それでも十分に遊べるとなると、アーケードはどうなるのか?
不安はありますが、なんだかんだ多少の期待は寄せている自分もいます。

多分少しプレイしたらやらなくなるんだろうなー。
あ、今思ったけどゲーセンとスマホでの連動企画とかしてくれたらすげえ面白い。

それでは今日はここらでサヨウナラー

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2014/11/28 感想欄にボドゲ追加

感想置き場

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。