スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナスパワー

2015.04.12 21:03|日記
小説家になろうで検索機能を見ていたのですが、アレって除外検索あったんですね。

自分が読んでいる小説サイトの検索機能は、個人的な意見としては「ハーメルン>小説家になろう」です。
なんといっても、ハーメルンは評価基準が見やすい。
平均の評価がちゃんと視覚化されてて、どの程度評価されているのかが分かりやすいです。
しかし、なろうだと基本的に pt 表記のため、どのくらいからが面白いと評価されているのかが分からないんですよね。
ここらへん、運営もうちょい頑張れよって思ってしまう点。
とはいえ、既に何年も稼働してるわけですので、今更機能の追加だなんて大胆なことできないでしょうけど。

まぁ自分としてはそこは割とどうでもよかったりします。
大事なのはやはり、ハーメルンにおける平均文字数の表示、ついでにそれに関した検索機能。
ハーメルンでは、自動的に話数と文字数で1話当たりの平均文字数を計算してくれます。
なので、検索の際にも、それを基準とした検索方法が提示されていたりします。

対して小説家になろう、こちらはせいぜい総文字数がある程度。
ぶっちゃけ、検索機能の貧弱さが目立ってる気がします。
これで十分と言う人もいるでしょうけど、自分としては貧弱過ぎて最早お粗末な感じですね。

そして更に、ハーメルンには除外機能もあります。
マイナス検索とかそういうやつです、and検索とかor検索に関連した検索方法。
ハーメルンの場合、なんと各ユーザーが自分で除外するタグを設定しておける機能付き。
つまり、神様転生が嫌なら、除外設定のフォームに「神様転生」と書いておけば検索で自動的に弾いてくれます。

そしてこれが本題なのですが、小説家になろうではそういうのないと思いきや、あったんですね。
検索の際に「-◯◯」とやるとそれを弾いてくれるとか、知りませんでした。
しかも調べてみてみると、「。 -◯◯」にしておけばほとんどに「。」が使われているので綺麗に弾いてくれるとか。
実際やってみたら、マイナス検索した部分だけ弾いた検索結果を出してくれました。
なんだかんだで条件指定の検索方法とか機能してたんですね、初知り~。

とはいえ、機能的に残念な部分があるのは確か。
そこらへん、ハーメルンの方式を当てはめたくなるな、とは思います。
なろうの方は需要が違うっていうのもあるのかもしれませんが(機能需要とかそう変わるか…?)。

せめて平均文字数を表示したり、それで検索かけれたりしてほしいなー。
今は割と不便。

それでは今日はここらでサヨウナラー

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
2014/11/28 感想欄にボドゲ追加

感想置き場

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。