Preziを使ったプレゼン その反省会

2017.01.08 00:53|呟き集
今日、大学生活の集大成的なイベント、卒論発表会があった。
そこでの反省会とかは特にしなかったが、自分で気になったので個別反省会ということで。

まずこちらが当日用の資料。
ぼくは別に匿名文化万歳とか言ってしまうタイプではないので、本名とかが出てても気にしない方向で。
ただし、個人情報が出てしまいそうな動画については削除してある。

ボードゲームを作ろう
https://prezi.com/5kw8mgbimvpc/presentation/

まず初めに、今日色々と発表聞いて気づいた点。

【文字ばかりの資料でも悪いものだけではない】
基本的にぼくはパワポで文字しか入れないのを悪としている。
その基本方針は変えていないのだけれど、「よくまとまっている文章」についてはそうではないかもしれない。
Wordみたいな書き方をしてるならパワポでする必要はないと思うが、そうでないなら別だった。
文章量が多くても、図とかでバッチリ補えるなら有効な資料になるような気がした。

それでも基本的に「それパワポでやる必要ないからぼくはいいです」っていうのはあるけども。

【声だけでやるもんじゃない】
そりゃそうなんだけど、ぼくは自分の声に頼ってる節がある。
話せばよくね?じゃなくて「文で説明して、図で補って、声で引き込む」なのかも。
ただそれでも、文章を口頭説明してるだけでは意味がないので、ここは注意ポイントだろうなぁ。
今度プレゼンの経験をするときがあるなら声に頼り切りもよくないような気がした。

で、今日わりと自分で良かったと思えたこと。

【思ったよりも皆聞いてくれた】
ぼくは一番最後だったけど、後ろのほうまで案外疲れながらも聞いてくれてる人が多かったような。
そりゃ卒論発表会なら聞くでしょ、と思うけど最後まで来るとそんなことはない。
それに、下の学年も色々な事情から聞きに来てるパターンがあるので、元々やる気はないのでは。
その中で案外聞いてくれたのは嬉しかった。

【資料は案外ウケた…気がする】
これは完全主観の話だからなんとも言えないけど、珍しいもんを見る目で見てくれたんじゃないかな。
ぼくだけPrezi使ってたから「なんか知らないの使ってる」っていう珍獣扱いでも、わざわざ探した甲斐があるってもん。
これに関してはPrezi使って良かったと思った。
ちなみにもし資料作成ソフトが被ったときのためにパワポ用も普通に作っていたのは内緒。

これは自分を褒めていいだろ!と思ったのはこんぐらい。
次からは明らかに良くなかった点。

【規定の時間を過ぎた】
これダメ、一番やっちゃいけないやつをやった。
元々、何回も練習をした結果として10分前後としていた。
それでも少しは伸びるだろうという余裕を持った予測でそんぐらいのまとめ方である。
しかしいざ本番となると、見事に時間を振り切って1分ぐらい伸ばしてしまったのは非常に良くない。

これについては理由が思いついてて、「余計なことを話しすぎ」なことだろうね。
ぼくはそもそも、いらないことまでアドリブで追加してしまう癖がある。
集団での発表会とかではそれを自重して原稿通りに読んでいたけど、本番では「これ入れたほうがいい」と追加をしまくった。
それがああなってこうなってそうなって、時間超過してしまったというお話。

個人的な基準として、発表はプラス15秒、マイナス30秒まではセーフというものを持っている。
なぜなら、プラス分はすぎればすぎるほど退屈になること。
マイナス分は多すぎるほど中身が少ないものだと思われてしまうこと。
この2点から、プレゼンは上記の時間基準を自分の中に設けて行っている。

Preziを初めて使って、テンションが上がってしまったってのも理由なんかね。

【まとまりが少ない】
実は結構まとまってない。
Preziの使用を思いついたのがわりと最近のことなので、上手く活用できなかったのが原因。
それっぽく見せようと何回も作り直したけど、最終的な完成品も正直あまり満足できてない。
流石に間に合わないっていう事態に陥るのは一番よくないので、完成品の中で最もよくできているものを選んだ。
マシなものを選んだわけじゃないよ?

【どもるな】
これはもうプレゼン慣れの問題。
経験詰むしかなくない?だってしょうがないでしょこんなん。
と思いながら「あ、噛んだ」とか悔やんでたりする。

【いらんことを話すな】
これはずーっと頭の中で考えていたことなのにやってしまったこと。
例えば「時間が過ぎてしまいましたけど」とかそういうの。
要は、それいる?という発言をしてしまわないように気をつけていた。
やはり内心の焦りがあったのが、時間超過のベルが鳴ったときにこの旨の発言をしてしまった。
これは大失敗の一つとも言える。

思いついた反省点はこのぐらい。
意外とあった。

Preziを使ってみての感想としては、まとめるのが非常に難しいということ。
これまた個人的な主観意見なんだけど、パワポのほうが断然まとめやすいと思う。
今回使ったPreziって、一枚のキャンバスにすべての要素を詰め込むやりかたなんだよね。
やろうと思えばパワポみたいにスケッチブック一枚一枚書いていく、みたいなやり方もできる。
でもそれって、わざわざこれ(Prezi)使う必要ないじゃん?って思ってその方法はやめた。

最初に載せたURLを見てもらうとわかるかもしれないが、パワポみたいな点は極力排除してある。
理由は単純、パワポでできることをやるとか全く意味がないしわからないから。
それでもまとめるのが難点で、これについては要練習って感じだろうか。
うーん、難しい。

とりあえず、反省会はここで終了としておく。
なんかもう無限に出てきそうだから。

ちなみに、こんなことをした理由は「将来的に武器にできそうなのがプレゼン」だったから。
だってそれ以外、プログラムも他人をまとめることもできないなら、できそうなことやるしかないじゃん。
別にぼくが優れてるってことを言いたいわけではなく、現状で一番できてそうなのがこれっていうだけ。
鉄は熱いうちに打てって言うし、今熱意がある内に反省しておく必要があった。
今後に活かせるかどうかは別の話。

まぁまたプレゼンすることがあれば、もっと頑張りたいです。まる。

それでは今日はここらでサヨウナラー

軽い発達障害みたいだなお前なっていう話

2016.12.16 20:05|呟き集
知見を得る
―体験を通して知識や見識などを得ることを意味する表現。

見識
―物事について鋭い判断をもち、それに基づいて立てた、すぐれた考え・意見。
―「―がある」「―が高い」(気ぐらいが高い意にも)。

面白い発見をした。
はてブロとかの匿名ブログとかチラシの裏とかに書かれそうな内容。
わかりやすく言えば「皆すげえ!」って話。
基本的に人が見ると、特にぼくを知っている人が見たら気持ち悪く感じるお話かもしれない。

師走じゃん、12月じゃん。
つまり年末年始じゃん。
前々からずっとこう、もやもやしてる「飲み会」という行事。
あの行事についていけない。

ずーっと頭の中で考えてて、すげえモヤッとボールな感情ができてきてるので、そろそろ放出すべきと判断。
年末ってこともあるのか、ぼくの周囲で飲み会ラッシュみたいな流れができてるのを感じる。
これは個人の感覚だから「んなことないでしょ」っていうのもあるかもしれないけど、少なくともぼくは感じる。
それで、そこに上手く入り込むことができないのはなぜなのか、こうなんだろう、心が?
とりあえず列挙してみる。

理由その1 お金がない

一番わかりやすい理由。
バイトもしてない大学生だから金を使いたくない。
もっと酷い言い方をすると、他人に合わせるために金を使いたくない。

これは昔から自分の中で理解してることだけど、正直自分以外のために金を使う気になれない。
まぁこれは飲み会に限らず他人と遊んだりすることにも当てはまることだったりする。
正直ぼくの中では柔らかい言い方をしてるほうで、大抵「俺のために使う金だから使う気はない」って思ってる。
すごい、こう書くとクズさに磨きが掛かるな。

よっぽど親しい仲であるなら話は別だけど、そんなん数えるのに片手で済むぐらいだったりする。
実はそんな仲であっても上記のことを考えたりする、つーかそういう相手なら素直にそう言う。
「ムリムリ、今は俺のための金しかないからムリ」とか言ったりする。

理由その1の時点で協調性皆無なことがわかる。

理由その2 ノリについていけない

これが今日新たに判明した、いわゆる「New!」なこと。
ぼくは周囲についていけないタイプであるらしい。

今までなんだかんだ「ウェイ系」を馬鹿にしながらもワイワイやってたつもりだった。
しかしそれって、案外そうじゃないようである。
いや、楽しいんだけど、その楽しさの一定以上についていけないっていうかなんていうか。
金の絡み関係なしに、色々とわからない部分が判明してる気がする。

すごい些細なことで行くと週に何回も一緒に同じメンバーで遊ぶだとかそういうの。
多分、エネルギーが違う、まるで違う。
消費量は一緒のはずなんだけど、ぼくはその総量が尋常じゃないぐらい少ない。
顔を合わせて話すだけで楽しめる燃費の良さ?
むしろ燃費が悪いんだろう、皆すごすぎる。

それが原因で周囲のエネルギー消費についていけない状況が生まれているような気がする。
理由その1である金を使いたくない、使う気になれないってのとこれが合わさって最強に見える感じ?
どうなってんだろうね。

理由その3 自分の中に変な定義がある

これこれ、これ。
自分の中では軽い発達障害みたいなもんだと思う。
でも我慢できるものなので、そう定義することはできない程度のこと?

例えば昨日、飲み会に参加しなかった。
それで「俺らで金を出し合うから来い!」っていうのがあった。
それがムリでした。

ぼくは基本的に、友人に奢られるっていう状況があまり好きではない。
なぜかと言えば、そいつらに貸しを作ったという感覚に陥るから。
中学の頃からの付き合いとかの一部の長い人らは別で、むしろ奢ろ?ね?ってなるけど、それはまた別の話。

多分この辺を言語化すると、自分の中に貸し借り天秤があって、それが理由で気持ち悪さが発生している。
昨日の状況なんかがそうで、こっちは相手に何かしてあげられる立場ではないのに、その逆が成立することになる。
これって要は、ぼくが彼らに一方的に色々と借りを作った形になる。
ぼくって基本的に、人の役に立つようなことをしていない。
頭の中ではなくもっと深い部分でそういうのが根付いてて、それなのに借りを作るっていうのが本当にダメ。
そんなことになったら多分、今後何も楽しめなくなりそう。
過去に奢られたっていう例が結構あるんだけど、ああいうのは本当に申し訳なく思ってて死にそうになる。

まぁこれ結構矛盾した部分もあって、その矛盾があることにすら気持ち悪さを感じてる。
一言で言えば圧倒的劣等感?
勝ってる部分を探そうとしても色々と劣ってる部分が見つかるよねっていう。
多分さっき書いた天秤が相手側に傾くと、その劣ってる部分が理解できてしまって気持ち悪いんだろうね、うん。

で、これ、これなんだよこれ。
これさ、自閉症一歩手前じゃない?
散々「アスペ~アスペ~」って他人を馬鹿にしてきたぼくだけど、その実ぼく自身がアスペだったりするわけで。
これはネタではなく、わりと真剣に自身がアスペかもしれないって思ってきてる。

ただ、まだ大丈夫だなって思えるのは、流石に限界的な部分で社交性を保ててること?
必要最低限は判断できてるから、多分周囲との摩擦はあまりないと思う。
それでも、もしかしたら周囲から(悪い意味で)変な目線を送られてるかもしれないけど、
あ、それは自分友人間の中で。


とまぁそんなのが今日ピーンときた。
最近本当に自覚症状ありのヤバい部分を感じてるから、ここらで一度文章化してみようと思った。
このブログ、案外友人が見てたりするんだけど、見られてもあまり感情に起伏が起きたりはしない。
実はこんな人間なんですよっていう変なアピールになって面白いんじゃない。

モヤモヤしたものが長続きしてるのは、まー就活終わって来年の4月までは暇なことも理由なのかもね。
ぼくって意外と働き者なようで、今こうして何もしていない状況に不安を感じたりしている。
だからって早く4月来いって思ってるわけもなく、にっちもさっちもいってない。

つーかよくよく考えてみると、今回に限らずこれまでもこういうことはあったりする。
ただ、今回の場合は社交性が求められる部分が大きかったからなんだろうねぇ。
それに加えて嫌な要素が積み重なってしまった?
いやむしろさっき書いた「変な定義、天秤」が悪い方向に向かってしまった?
どっちにせよ、他人の好意を反故にしていることは確かだったり。

ココらへんまで読む人なんていないだろうから書くけど、昨日は普通に逃げました、はい。
理由その2で書いたことが原因だけど、最高にお断りしたいことだったのでマジで早足で逃げました。
飲み会から逃げたのではなく、本気で自身の金のなさから来る惨めさと天秤の傾き具合だろうね。
平気で「プライドなんて捨てておけ!」とか言っちゃうぼくだけど、こういうよくわからんプライドはあるの不思議だね。

というわけで気持ち悪さを言語化してみました。
改めて読んでみると、ぼくに社交性がないだけなのが面白い部分じゃない?
身につける気もないんだけどね、そんなの頑張ったら鬱になってしまうし。
とりあえずPSO2でもしよう。

それでは今日はここらでサヨウナラー

ガバガバ計画はいつでもガバガバ

2016.11.30 20:42|呟き集
卒論書いてると計画のガバガバさが浮き彫りになってくる。
いや何を言ってるのかというと、写真撮ってねえ。
写真撮影だよ写真撮影。

ボードゲーム作ってるときはさ、特に違和感過ごすわけよ。
で完成しても、「やった~できた~終わった~」みたいな達成感に包まれるわけよ。
そんで何も考えずにPSO2やるわけですな、これがまた楽しいんだうん。

そのまま卒論書こうとかなって、制作物についての詳細を書き始めるわけだ。
んで判明。
購入した素材も完成物もそれぞれのパーツもなんも写真撮ってないのね。
もうこれ笑えないわ。
え?
いやどうしよう。
いやどうしようもないんだけど。

不幸中の幸いというかなんというか、実にシンプルな作りなのが助かった。
だってほとんど写真撮る必要もないし、あっても数は少ない。
購入物だって、別に商品の状態で撮る必要もないだろうし、多分。
いや本当にそっちのほうがいいって知ってるけど。

まーなんだ、先のこと見通してやろうな!っていう話。
ていうかこれ卒論書くこと知ってんだからちっとは考えような。
そんな深刻な悩みに発展するわけじゃないから別にいいんだけどさ。
なんとかなる範囲だし。
それよりなんとかしないといけないのは研究内容とそれに費やした時間とかいうやつな。
アレ書ける気がしねーんだわ。
誰かどうにかしてほしいわアレ。

なんだかんだで進んでるのは安心事項。
なんとかなるっしょ。

それでは今日はここらでサヨウナラー

乾いた笑いが出そう

2016.11.14 20:35|呟き集
やべえでござる。
卒論書く内容は決まってるのにワードを開く元気が出てこない。
つーか画像を作る元気もない。
正確に言えば気力が湧かない。

提出日は来月の8日(木)、つまり残り24日間である。
ページ数的に言えば後25ページほど、文字数で言えばあと20000文字ぐらい…?
1日1000字のペースで掛けば間に合う予定、予定は予定。

そんな感じで考えてはいるものの、どうすんだろうね。
いやできないかできるかで言えばまとめるだけだからできるんだけど。
過去に作った資料見ながらやればできることなんだけど、こう、やる気が起きないというか。

はー、どうにもならないけどとりあえず画面とにらめっこすることにはなりそう。
いや一応できないわけではないし、多分大丈夫でしょ。
大丈夫でしょ。

ここまで来て完成しないとかそんなことは流石にありえねーしなー!
ネッキーしよーっと!!!

それでは今日はここらでサヨウナラー
| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
2014/11/28 感想欄にボドゲ追加

感想置き場

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

忍 ブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

ページトップへ